弁護士への相談

交通事故が起きた際、怪我をした人も怪我をさせた人も嫌な思いをするものです。怪我をした人は痛い思いをしたり、仕事や家事に支障が来ることでのストレスが出てしまいますし、仕事ができないことで給与が受け取れなくなったり入院費用や治療費用、休職中の生活費といった金銭面での不安も出てきてしまいます。それに対して、事故を起こした方も相手に怪我を負わせたこと、仕事や日常生活に不具合を生じさせたことで責任に苛まれてしまうものです。しかし、中には事故にあったこと、起こしたことを認められずに謝罪をきちんと行わなかったり、事故をいいことに損害賠償を不当な金額を請求したりということでトラブルが起きることがあります。

基本的に、交通事故によって支払うべき賠償金というのは言い値の部分と一般的なガイドラインとがあります。しかし、事故の内容やその人のおった精神的ダメージ、社会的な地位の損失というのは人によって異なるものです。

この差異によって求める損害賠償額というのは変わってきます。また、事故を起こした側も生活に困窮していてお金がなかったり保険に加入していなくて保証が受けられなかったりすれば、請求された保険金に対して支払いができないとして拒否をすることもあります。このようなことが交通事故によってよく起こるトラブルであり、ここでのトラブルで自分たちで話し合いがまとまらないと弁護士の介入が必要となることがあります。